無料アクセス解析
たべもの ベビベビニッキ
 
買物とかスープのレシピとかだよ *3/26追記 
最近イベントの告知とか、人形関係をごくたまに載せるブログになっていましたが、
久しぶりにツイッターに載せきらないつぶやきとかレシピとかです。



私の住んでるところは、東京でもずっと山の方なので、
周りを見回しても震災の被害とかは殆どなさそうです。

が、計画停電が実施されている、というのもあるからか、買い占めが多くて、
近所のスーパーでは、人気商品はすっからかん、生鮮食料品など
不人気なものが沢山山積みという感じです。
なので、そんな不人気な物達をなるべく買うようにしています。

今日はタマネギとピーマンとカボチャが安くていっぱいあったので、
急遽友達から教えてもらったカボチャのスープを作る事にしました。

とってもおいしいので、ここにレシピを公開!と思ったのですが、
最近ずっとレシピを見ないで適当に作っていたので、
レシピのオリジナルが見つからず。。。
なので、すごーーーーーーーーくアバウトなのですが、
極簡単にご紹介いたします。
素材的にも味的にも夏お勧めですが、自己責任でお願いします。

(この通りに作って美味しくなかった、というクレームは無しでおねがいします...)


カボチャのスープ手抜きバージョン(ミネストローネっぽい感じです)

*材料 カボチャ 1/4~1/2 
    トマト  2個ぐらい
    タマネギ 1個ぐらい
    ピーマン 2~3個ぐらい
    鶏もも肉 1枚
    ベーコン 1枚(無くても可)
    ニンニク お好みで(私は使ってないです)

    カレー粉  小さじ1ぐらいだったような気がする
    塩・胡椒  適宜(クレイジーソルト使ったりしてます)
    スープの素 適宜(私はコンソメスープを少し入れてます)
    ローリエ  1枚
    オリープ油 適宜

*作り方

1. 材料を一口サイズぐらいに切る。カボチャは皮付きのまま
  種とわたを取除き、一口サイズぐらいに切る。
  トマトは皮を剥いてざく切りに。
 
  ベーコンは、確かオリジナルでは出汁を取るだけで後ほど取り除くので切らないが、
  私はもったいないので切ってそのまま具としたり、最初から入れなかったり。

2. 鍋にオリープオイルをしいてみじん切りしたニンニクを炒め、
  鶏肉とベーコンを塩こしょうして炒める。

3. タマネギもいためる

4. ひたひたになるぐらいより少し多めに水を入れてローリエ入れて、
  沸騰してきたらカボチャとトマトを投入。

5. ちょっと時間をおいてピーマンを入れ、カレー粉を入れて
  お好みでスープの素を適宜加え、足りないようなら塩こしょうで整える。
  カレー粉も念のため最初は少なめに入れて、お好みで足して調節してね。


カボチャは以外とすぐ火が通るので、鶏肉とタマネギをしっかり炒めていれば、
あまり煮込まなくて大丈夫です。
煮込む時は灰汁と油を取りましょう。
もしかしたら、オリジナルではどこかで白ワインを入れていたかもしれません。
鶏肉も下ごしらえ時に塩こしょうとかハーブとかしてたかも。

こんな感じだったと記憶しているのですが、今日か明日作るので、
違ったり抜けてたりしていたら訂正します。

と、ここまで書いて、作ってからブログ書けばよかったということに気づくという。。。





*3/26追記*

実際作ってみました。
カボチャは、大きめなら1/4で十分な感じでした。もちろん多めでも甘くて美味しいです。
ニンニクは入れませんでしたが、私的にはこれでOKかと。
ベーコンはちょっと多めに入れました。

声優石野竜三氏の公式サイト、「THE GOKURAKU LABORATORY」の
何でも研究室に、セロリのスープのレシピが掲載されています。

こちらを見て思いついたのですが、カボチャのスープにもセロリを加えれば、
スープの素等を使わず美味しいスープになりそうです。
また、鶏肉の下ごしらえや炒め方なども、竜三氏のレシピを参考にするといいかもです。
至福♪ 
沼津に行かずとも、冨久家のイタリアンロールを
戴ける幸せ♪

写真は紙袋のみ。。。
切ったらぐちゃぐちゃになってしまいました。。。

しかしながら美味です。
超個人的には栗が入ってない方がいいかなと思ったりもしますが、
沼津に食べに行く価値あり!
冨久家のイタリアンロールを食べるのは2度目。
1度目は、相方がわざわざ沼津に買いに行きました。

でかした、そごう!
沼津より八王子が近いという方は是非。

【追記】
八王子そごうB1Fで15時から1日限定100個販売です。(3/8まで)

fukuya.jpg

..