無料アクセス解析
ボンテンクマ 補足&余談 ベビベビニッキ
 
ボンテンクマ 補足&余談 
すっかりお知らせするのを忘れていましたが、
ボンテンクマの大きさは、足の先から一番高い耳の先まで、
約12.5cmになります。
なので、市販の1/6サイズのお人形に持たせるのに丁度いい
サイズではありませんので、あらかじめご了承ください。

お顔はいつものようにアクリル絵の具で描いています。
ですので、小さいお子様には与えないでください。
(パッケージにも明記しています)

アクリル絵の具なので耐水性なのですが、長時間舐めたり
ひっかいたりすると、絵の具がはげ落ちる可能性があり、
それを誤飲するおそれがあります。
ご注意願います。

以下、余談はたたみます。。。


- - - - - - - -

余談その1

ボンテンクマ、失敗したときのための保険として
11体作っていました。
失敗というわけではないのですが、耳に使った梵天の形が
丸くなく、とんがっているのが丁度2個あったので、
保険の1体は勢いでこんなふうに作ってみました。

一応ネコのつもりなのでボンテンネコ。
新入りのノア猫さんに持たせてみました。
ネコというからにはしっぽも付けたいところで、
でもしっぽをどう作るかすぐに思いつかなかったので、
今回はボツにしましたー。


※ノア猫の写真はこちらに移動しました


余談その2

横浜人形の家ということなので、最初販売するのは、
赤い靴のきょうあくちゃんにしよう!と思っていましたが、
タイトルが『Japanese Stuffed animals』だったので、
急遽クマに変更しました。

茶色髪おかっぱで、白襟の紺ワンピースに赤い靴の
清楚?なきょうあくちゃん、いつか作りたいです。


余談その3

今回の告知や、ブライスの写真集、Luv-able & Hug-able 2 N.Y.では
私の名前が「Michiru」になってたりしますが、
これは一応「ミヒル」と読ませます。ドイツ語風に。
(以前ドイツ語圏を旅行したときに、こう呼ばれたので)
海外など2バイト文字が使えない時に「Michiru」を使っています。

ですがややこしいので、そのまま「ミチル」と読んでいただいても
全然okです。本名はミチルだし、友達はみんなそう呼ぶので。
どうぞお好きな方で呼んでください。

ただ、一応公表する作家名は「ミヒル」にしています。
ホント、まぎらわしくてすみませんー。

..