無料アクセス解析
幻想の書架「マンディアルグ/海の百合」展 ベビベビニッキ
 
幻想の書架「マンディアルグ/海の百合」展 
幻想の書架「マンディアルグ/海の百合」展
André Pieyre de Mandiargues“Le Lis De Mer”
ボナ・ド・マンディアルグ
みつばち@Babybee / LIEN / Rico*(vanilatte) / michiru(babydow) / P.P★★★CRYSTAL(AEG)

mandiargues_uminoyuri_omote-thumb.jpg

[画像の作品]●みつばち@Babybee doll:Visuadoll/(株)WiZ ●P.P★★★CRYSTAL(AEG)
●「ベッドの向かいで、ローソクが炎をまっすぐに立てて燃えていた。」
(detail) Outfit:Rico*(vanilatte)/Face:LIEN

■2012年02月25日[土]~03月19日[月]

■月~金/13:00~20:00 土日祝/12:00~19:00
■水曜日休館(会期中、臨時休館を頂く場合もございます)
■入場料:500円
■展覧会 会場:parabolica-bis[パラボリカ・ビス]
■東京都台東区柳橋2-18-11 ■TEL: 03-5835-1180
 map

http://www.yaso-peyotl.com/archives/2012/02/mandiargues.html

創刊から三十余年、「マンディアルグ+ボナ」特集でスタートした夜想が、
パラボリカ・ビスの『幻想の書架』の会場で「マンディアルグ/海の百合」展を開催します。
『海の百合』に描かれた、儀式に向う少女の感覚は、マンディアルグの作品に共通したテーマのひとつです。
少女の儀式とそれにともなうフェティシズムという男性垂涎の感覚が、
70年代の澁澤龍彦や生田耕作ではなく、10年代の女性作家によって読み解かれると、どうなるのか興味深いところです。
女性たちの少女に対する視線には、明らかにゲンズブール的な男性要素も含まれているからです。
どちらか一方的な感覚でない少女の描き方、それが10年代以降の少女表現であるように思います。
夜想はまた幻想文学に新たなアプローチをしたいと思います。
会場にはボナ・ド・マンディアルグの絵画、マンディアルグの初版本、サイン本など、ゆかりの品々も展示されます。




LIENさんとRico*さんとご一緒させていただくことになりました!
物語の一部を切り取り、小さな人形に閉じ込めました。
私はLIENさんとのコラボ作品2体を担当しています。
今までには無い表現方法でとても面白いものができあがったと思います。

作品は25日12時より先着で販売となります。
※販売開始時に2名以上のお客様が同じ作品をご所望の場合は、その場で抽選を行わせて頂きます。
詳細は24日深夜になってしまうと思いますが、追ってご連絡いたします。

お洋服はこんな感じになっております。

matsuko-04.jpg

umiko-03-1.jpg
..